TOEICは英語だけのテストではない?!

TOEICと言えば英語のテストです。

でも、英語だけのテストではないと私は個人的に思います。

特に後半のリーディングの読解問題に関しては実は英語以上に必要なスキルがあるのではないかとまで思います。

それは 論理的思考と想像力です。

例えば以下の文章を読んでみてください。

 

文章1 ホテルのウェブサイト

当ホテルは最高のサービスをリーズナブルな価格で…(中略)… 尚、毎月第3金曜日は近所の商店街で行われるイベントの影響で当ホテルの駐車場が満車になることが多いのでお車でお越しのお客様は事前に駐車場のご予約をお願い致します。

 

文章2 予約客からホテルへのEメール

予約した○○です。喫煙室のツインを希望していましたが、1人減りましたので禁煙のシングルルームへの変更をお願いします。それから駐車場の予約もお願いします。

 

さて、ここで問題です。

Eメールを送ったお客は何曜日にホテルにくると考えられるでしょうか?

A. 月曜日
B. 火曜日
C. 木曜日
D. 金曜日

正解は、金曜日です。何故ならEメールで駐車場の予約をお願いしているからです。

何故駐車場の予約をすると金曜日かというと、文書1の最後に金曜日は駐車場が混むので予約してくださいと書いてあるからです。

この例では大切な部分だけの記述ですから比較的簡単にお分かり頂けたと思いますが、これが長文の中に埋もれるように書かれていたとしたらどうでしょうか?

日本語でも難しいと感じる方がいるのではないでしょうか?

 

TOEICにはこうした2つの文書を読んで、論理的に推測しなくては答えられないような問題が結構多くでます。

私が受験した時は、2つの文書の問題20問のうち最低でも5問はこういった推測を必要とする問題だったように記憶しています。

推測ができないとどんなに英語の文章の意味を理解できても正解にたどり着けないのですから、英語力だけでなく論理的に想像力も試されているように感じました。

 

コメントをどうぞ