ダークゾーン

貴志祐介さんの作品として初めてダークゾーンを拝読しました。

 

主人公が目を覚ますと将棋やチェスのような世界にいて理由は分からないが闘わなくてはいけない状況に…

独特の世界観で繰り広げらル数々の戦闘、そして謎の世界ダークゾーンの正体とは…

 

最近ビジネス書が多くて久しぶりの小説だったこともあるかもしれませんが、最高に楽しめました。

Amazonでの評価は厳しい方が多く、貴志祐介さんの作品の中ではあまり出来がよくないという方が何人かいらっしゃいました。

ということは他の作品はもっとスゴイということ、私は偶然にも正しい順番で読ませて頂いたというわけですね。

ダークゾーンはチェスのようなボードゲームやカードゲームが好きな方におすすめです。

コメントをどうぞ